体目的で出会い系サイトを使うデメリット

 

女性の画像出会い系サイトの利用者で多くの方が、やはり純粋な恋愛を求めいているのではなく、体やお金・・・そこが目的の人が多くいます。 その中で体目的ので出会い系サイトを利用するのに、知っておいてもらいたい事があります。それがHIVのことです。 HIV=セックスでの感染 というイメージが多く、それを防ぐためにコンドームの使用などがあるのですが、実際、HIVに感染したかもしれないという話は聞きますが、感染した!

という話はあまりないのです。 HIVに感染するのに一番リスクが高いのが輸血です。その次が母子感染、注射の回し打ちがあります。 セックスでの感染率は膣を使ったセックスの場合女性側で0.1%~0.3%で、男性側では0・05%~0.38%です。

アナルセックスでは感染リスクは膣でのセックスより高く5~10倍以上のリスクがあります。また同性でのセックスだと感染リスクは更に高く男性同士のセックスが一番リスクが高いです。 またフェラチオだけだと、かなり感染リスクは低く、ほぼないに等しいぐらいですが、ゼロではないです。 上記の数字をどう取るかによって、出会い系サイトの利用を仕方を考えると思うのですが、意外と少なく、平気そうと思ったのであれば、それもそれですし、怖いと感じるのであれば不特定多数の人とセックスをすることは避けたほうが良いです。

最近は、様々な商品があり自宅で匿名でHIVの検査ができるキットなども販売されていますが、コレはHIVに感染しているかどうかを見極めるだけです。予防にもならないし、HIVを治すこともできません。 HIVは治らない病気で病気の進行を遅らせることしかできないのでとてもこわい病気です。よく考えて、出会い系サイトを利用してください。

自宅でできる検査キットの案内はコチラ→【画像】自宅でできる性病検査キット※原因・種類を徹底検証!

 
インターネットの世界で出会う 体目的で出会い系サイトを使うデメリット HIVかもしれない!その時?! ヤリマンとHIV ~体験談~ 彼氏・彼女ができたら検査しましょう

 

Copyright (c) 2014LINEのカカオトークで出会う方法※使い方・掲示板まとめ .